2009年01月02日

なぜ「子供の音楽教室」だったのか?(1)

ふと...「教室の沿革」を書いて見たくなりました。
何せ遡る事20年近く前になりますので、記憶に定かでない部分もありますが、少しずつ書いて行こうと思います。

私自身、20代前半よりプロのジャズピアニスト等として活動を始めた訳ですが、同時にヤマハのデモンストレータやインストラクター、またCMやイベント等の音楽制作・演奏等々をやりつつ、何とか音楽を生業として生きていました。

ところが30代に入り、バブルが弾けた頃から仕事も段々と減り、二度目の結婚をしたばかりだった事もあり、真剣に先々について考える必要に迫られていました。

「音楽を生業とする」と云えば、多少は聞こえは良いのかも知れませんが、要は「何の保証もない、その日暮らし」ですから、いつまでも「その日暮らし」が出来る訳でもありません。

何とか安定した収入の道を模索する事になりましたが、当時は家内がヤマハ音楽教室の講師を務めていた事もあり、ひょんな事からヤマハ音楽教室を自分達で始める事となりました。

しかも専用の教室を建てる事から始めた為、とにかく初めての事だらけで大変な毎日だったと記憶しています。

まずは、建築家探しから始めました。
なかなかこれは!という人に出会えず、結局は計画をスタートして建物が竣工するまで約3年を要しました。

教室の立地は、幸いにも名古屋でも有数の高級住宅地で、戦前は別荘地として有名な場所です。
そのような場所にオープンする訳ですから、半端なものでは当然成功する事は有り得ません。
また周囲には数多くのピアノ教室もあり、大変な激戦区でもあります。

そこでまずは「どのような教室にすべきか?」を考える事にしました。

(続く)

posted by ハロハロ at 01:00| 🌁| 教室沿革 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月01日

新年のご挨拶

まずは、明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願い致します。

当スクールも、開設してから約15年になります。
その間、暗中模索と古今奮闘の連続でした。

本当に色々な事があり、多くの貴重なものも失いました。
それにも関わらず、多くの方からご支援や励ましを頂戴した事を本当に有り難く思います。

立ち直るまでにかなりの時間を要しましたが、心機一転、本来の使命を全うすべく精進いたします。

皆様にとって、より良き年となりますよう...

posted by ハロハロ at 12:50| 🌁| ご挨拶 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月31日

年末のご挨拶

本年も大変お世話になりました。
全くブログの更新もしない状態にも関わらず、定期的に訪れて下さる方が多数いらっしゃる事に、深く感謝致します。

来年からは、少しずつ教室の痛んだ部分をリフォームしたり、ブログを更新したり...と頑張って行く所存です。

実は、今年の夏に教室の2階部分の壁紙とカーペットを張り替えました。
今年は、まずは建物外部と1階部分のリフォームを予定しています。

また以前より「子供のジャズポピュラー教室」の開講を考えています。
何とか今年の秋頃には開講出来れば、と思います。

その他、色々なハード面・ソフト面を見直し、より快適な環境と空間・サービスに努めていきます。

今後共、宜しくお願い致します。

posted by ハロハロ at 17:52| 🌁| ハロハロ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月04日

ブログリニューアルのご案内

約三年近く、全く更新もなく放置された状態でしたが、近々全面リニューアルを致します。
年内には実現すべく進めて参ります。
暫くお時間を頂戴致します。

井上音楽教室 井上 敦
posted by ハロハロ at 23:41| 🌁| ご挨拶 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月23日

嬉しい事が

教室からの帰り、中学から鹿児島の学校に進学して音楽教室を離れてしまったY君のお母さんとばったり会った。
お母さんともすごく久しぶり…(でもこの方、雑誌にセレブな奥様として登場していらっしゃるから私はそれを介して存じあげていたのだが…)

そのY君、今では高校1年生。
で、なんとラップにはまっていて自分で作曲、うたっていると言うではありませんか!

この夏、大阪の友人宅に行ってCDを作ってきたとの事。
そのCDを図々しくも 頂いてきてしまった。

車の中で聴いたが声変わりもしていて何故かこちらが気恥ずかしくなってしまう。
年月のたつのをしみじみと感じながら、無邪気にレッスンしていたあの子が、政治・虐待・自殺などをとりあげた曲を作り、うたっている声を聴き 大人になりつつある彼を心から応援していきたいと思った。

生の演奏も是非聴いてみたい!!

(2005年08月23日ミクシィより転載)
posted by ハロハロ at 03:40| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | すみれ先生の徒然なる毎日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月10日

個人発表会レポート(於:しらかわホール)

去る昨年12月4日(日)『しらかわホール』におきまして、発表会を開催致しました。

当日は冬の寒空にもかかわらず、出演者100組に加えて約560名のご家族等の皆様にお集り頂きました。
ホールのエントランスには真っ赤なリボンが施されたクリスマスツリーが飾られ、会場に一層華やいだ雰囲気が添えられていました。

ご周知のとおり同会場はプロの演奏家がコンサートを行う場所でもあり、舞台・音響施設等、全てにおいて大変レベルの高いものとなっております。
更にピアノは“スタインウェイ”を使用し、その音色の良さに演奏されたご本人はもとより、会場の皆様も心地よい音の空間を楽しんで頂けたのではないかと存じます。

今回は4部構成のプログラムで、“ピアノ・バイオリン・フルート・うた”の演奏に加え、新しい試みとして“ハンドベル合奏”を取り入れました。

初めて参加されたお子様の微笑ましい演奏から、年々回を重ねる毎に成長されていく小学生から高校生の方の演奏、“ご兄弟との連弾”や、7人で構成された“バイオリンアンサンブル”...

そして、普段は個人レッスンで顔を合わせる機会の少ないお友達同士が、時間をやりくりして完成させた“ハンドベル合奏”...

どの場面を思い出しても、ひたむきで一生懸命な姿には胸を打たれます。
また、講師としての役割はどうであったか身の引き締まる瞬間でもあります。

発表会後、多くのお母さま方から『照明が明るく、音が非常に良かったですね』とのお言葉や、『シンプルな舞台設定で、発表会として質の高いものになったように感じます。次回も是非こちらで…』など、次回に向けての期待を込めたお言葉を頂戴し、大変有り難く存じております。

今回の発表会は、会場を変更致した事もあり、ホールの使用・並びに形式等について保護者の皆様に色々とご協力頂きました。厚く御礼申し上げます。

また、講師一同、普段のレッスンにつきましてご協力・ご理解頂いております事に深く感謝申し上げます。
今後ともどうぞよろしくお願い致します。

(ピアノ科講師 小林 弓子)
posted by ハロハロ at 11:09| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 発表会のご案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月06日

新年のご挨拶

遅ればせながら、明けましておめでとうございます。
本年も宜しくお願いいたします。

昨年は、正に教室にとって激動の年となりました。
本当に多くの方にご迷惑をおかけし、またご心配いただき、改めてお詫びとお礼申し上げる次第です。

今年は、昨年に引き続き「教室再生」に取り組んで参りますと共に、次なる「飛躍への準備」の年と考えております。

今後共、宜しくお願い申し上げます。
posted by ハロハロ at 10:28| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | ご挨拶 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月21日

現在の開講コースをご案内します。

現在、ピアノ/フルート/バイオリン/サックスの個人コースを開講しております。

【各コース概要】

形 態:一回30分レッスン
回 数:年間24回、36回、40回の3コース
月 謝:24回コース 6,300円、36回コース 8,400円
    44回コース 10,500円

上記は何れも初級コースの場合です。
またワンレッスン制等のご要望にも対応致します。
詳しくは、ご相談下さい。

【お問い合わせ先】

0120-446-201(フリーダイヤル)
または、ai0225@image.ocn.ne.jpまで

(2009年1月1日現在)


posted by ハロハロ at 10:23| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 開講コースご案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月20日

サロンコンサート「ピーターと狼」レポート

先日行われたサロンコンサート「ピーターと狼」
子供たちの目はまず”クラリネット”という楽器に対して興味津々だった。

ちょうど小学校で習う”リコーダー”に似ていて馴染みがあり嬉しかったようだ。

モーツァルトや、その家族の写真(肖像画)を用意し、その当時の様子を話しながらメヌエットを演奏するところから始まり、ヘンデルでゆっくりした曲、「チャールダーシュ」という、緩急の差が面白いアップテンポの曲を演奏して楽器の音を聴いてもらう。

そしてメインの紙芝居にのせて「ピーターと狼」を演奏。
プロコフィエフ作曲のこの曲は、とても良くできている。
登場人物・・ピーター、小鳥、ネコ、あひる、狼、狩人などキャラクターにそれぞれ音楽があり、それらが上手く組み合わさって曲が成り立っているのだ。

絵が付いている事により「視覚」からくるイメージと音楽が結びつき、わかりやすかったように思う。
子供も大人も、一番これが楽しめたのではないだろうか。

そして、次は「視覚」はなくしてどこまでイメージを持てるか・・・という実験を行った。
シューベルトの「ます」という曲のストーリーを話し、どこで魚が釣られてしまうか、を聴いてもらった。
「わかったかな?わかった人は手を挙げて!」という問いかけに対し「はいっ!」と真っ先に手が挙がったのは小学校2年生の男の子。
他の子供たちは、わかったような・・違うような・・と不安混じりの様子。
答えのところをもう一度演奏し、確認してもらった。

これは子供たちにとっても良いトレーニングになるかもしれない。
”注意して聴く””イメージを持って聴く”ということが出来るからだ。

これはもう少し練って、次に繋げていきたい・・・

その後、楽器を触ってみるコーナーや、子供たちにも鈴やトライアングル、タンバリンなど好きな楽器を持って一緒に演奏。
最後にシューマンの「トロイメライ」を聴いてもらって終わりにした。


「コンサート」に、まずは親しみを持つようになって欲しい。
音楽は堅苦しくなく、自由で楽しめるもの。
音楽を”聞き流す”のではなく”聴く”ことが出来るようになると、ますますその楽しさがわかるようになる。

こちらも特に気張ってはいない。普通のこととして演奏している。
音楽は日常であり、誰かの前で演奏する時も「間違えないように」とか「上手に演奏したい」と思っては良い演奏はできない。
「伝えたい」と思って演奏している。
音楽の楽しさ面白さや、一人の人間として大切にしたいことを。

今回のコンサートでは”何か”を伝えられただろうか?
目には見えないし形には残らない。
でも、ほんの少しでも心の中に”何か”が残ってくれていることを信じている。

(鬼頭 久美子)
posted by ハロハロ at 10:24| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントご案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月02日

サロンコンサート「ピーターと狼」

クラリネットとピアノにより プロコフィエフ作曲「ピーターと狼」 を紙芝居にのせて演奏、クラリネットという楽器を知ってもらうコーナー、を中心としたサロンコンサートです。


演奏:クラリネット・浅井 崇子&ピアノ・鬼頭 久美子

日時:11月13日(日) 11:00〜(1時間程度)

場所:井上音楽教室2階

定員:20名程度

大人1000円、子供500円


今回ゲストで出演してくださるクラリネット奏者は名古屋を中心に活躍中の若手奏者で、東京芸術大学を卒業後オーストリア国立モーツァルテウム音楽大学で4年間学ばれ、スペインで開かれた第10回国際クラリネットコンクールで第1位を受賞した実力派です。
多彩な音色と幅広い表現力で聴く人々を魅了します。

今回、当音楽教室でのサロンコンサートの企画をお話したところ、すぐに快く引き受けて下さいました。
何故かと言えば、彼女も「子供に良い音楽を聴かせたい」「大切なことを次の世代へ伝えたい」「豊かな人格形成のために」と心から強く願う一人だからです。

”音楽”には不思議な力があります。
楽しい時には益々楽しくなり、落ち込んでいる時には優しく包んでくれる。

泣きたいときには泣かせてくれて、時には音楽が人生の教訓を教えてくれます。
また知らず知らずのうちに、”音楽”を通して様々なメッセージを受け取ったり、伝えたりしているのです。

子供たちにとって音楽とはまだまだ未知のものです。
それは果てしなく深く、永遠に、完全に理解することなど出来ないでしょう。
それでも、心の奥の方では常に何かを感じ、喜び、楽しみ、動いています。
成長する過程の中で少しずつ表に現れるようになり・・・・

いつの日か、音楽がなくてはならないものとなり”人生の楽しみの一つ”となってまた次の世代へと伝えていってくれたら・・・・と心から願っております。

(鬼頭 久美子)
posted by ハロハロ at 12:20| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントご案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。