2013年07月15日

昨日の「しらかわ発表会」


お陰様で、昨日の発表会を無事に終了する事が出来ました。
実数で300名以上の来場を賜り、大変盛況な会となりました。

今回は、68組全ての子供達の演奏を客席でじっくり聴かせていただきました。
子供達は、皆それぞれ「本当によく頑張った!!」と思います。

特に今回は、バッハ、ベートーベン、ショパン、モーツァルト、ヘンデル、リストなど、正に「クラシック音楽の本流・王道」とも言える名曲が多くを占め、僕自身改めてクラシック音楽の奥の深さや素晴らしさ、或いは凄みを感じる良い機会となりました。
やはり、この世界は尋常ではありません。

ところで、楽器を習得する為には膨大な時間・労力が必要となります。
土地柄もあり、とかく忙しい子供達にとっては本当に大変な事だと思いますし、何よりもご父兄やご家族の方々の多大なる協力や理解があっての事と思います。

改めて、その事に心より感謝申し上げます。

さて来年は、教室開設20周年を迎えます。
老朽化したハード面のリニューアルのみならず、今一度「原点」に立ち返り、所謂「町の音楽教室の、本来あるべき姿」を問うていく所存です。

来年は、どんな演奏に出会えるだろうか...今から、とても楽しみにしています。

posted by ハロハロ at 10:25| 愛知 ☁| 発表会のご案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。